サプリメント輸入代行FUKU-YAドットコムのキャラクターふくちゃんです サプリメント 個人輸入代行 FUKU-YAドットコム サプリメント 個人輸入代行 FUKU-YAドットコム いくら注文しても送料は300円のみ! FUKU-YAのお支払いは、3通りあります。説明をご覧下さい  商品2500点以上!
HOMEへ BACK 特 価 新 着 ランキング オススメ プレゼント 買い物かご ご利用方法
 FUKU-YAドットコム は世界の人気商品が簡単にショッピングできるサイトです  

  今話題の成分&商品!

□ 2003/01/21(Tue) 13:31 『今年も猛威を振るう花粉症対策』 そのB
 
花粉症への主な対処法

の主な症状(かゆみ、涙目、充血、異物感等)
花粉症の為、炎症を起こし、腫れたりむくんだり、熱を持った場合は、冷たいタオルで目を冷やすと、ある程度炎症を抑え、かゆみも抑えてくれます。

の主な症状(くしゃみ、水ばな、鼻づまり等)
くしゃみが出始めた時期に鼻を洗って鼻粘膜に付着した花粉を洗い流すと、花粉症の症状を軽くできます。鼻を洗う時はなるべく刺激を感じないようにお湯と塩を使いましょう。

花粉症に良い成分
ピクノジェノール(強力な天然の抗酸化物質。アレルギーを抑制する抗ヒスタミンとしての働きもする)
ビタミンA(抵抗力を回復させる)
ビタミンB群(抵抗力を回復させる)
ビタミンC(アレルギー反応を抑え、感染を防御する)
アントシアニン(活性酸素を抑え身体に免疫力をつけ花粉症の症状を和らげる)
 

□ 2003/01/20(Mon) 14:58 『今年も猛威を振るう花粉症対策』 そのA
 
花粉症対策
・睡眠を充分をとり、疲労をためない(免疫力低下につながります)
・風邪をひかないようにする(ささいなことで鼻を刺激してしまいます)
・ストレスをためずうまく発散する(ストレスが症状を悪化させます)
・花粉が飛び交う風の強い日の外出をさける
・帰宅後には手洗い、洗顔、うがいを必ずする
・窓や戸を閉める(花粉が入ってこないようにする)

花粉症によい成分(食材)
シソ抗アレルギー成分ルテオリンやアルファリノレン酸が含まれていますから、鼻づまりなどに効果的で炎症を和らげると言われています。)
カテキン(緑茶の抗アレルギー成分花粉症アレルギー疾患にも効果的であることから最近緑茶のことが見直されています。)
 

□ 2003/01/17(Fri) 20:20 『今年も猛威を振るう花粉症対策』 その@
 
今年もスギ花粉が2月5日ごろから飛散すると東京都から予測されています。しかも花粉の量は観測史上3番目の多さになるとのことです。花粉症体質の方は今から対策をして、きたるべき花粉に備えましょう。

花粉症対策
・マスクやメガネを着用する(花粉の侵入を防ぐ)
・有酸素運動を行う
・ミント系のガムを噛む(鼻炎薬に使用されているくしゃみ・鼻水を引き起こすヒスタミンを抑制する、メントール・シネオトールという成分が含まれているから。また、噛むことによって鼻腔の血流が良くなる。)

花粉症によい成分(食材)
ヨーグルト乳酸菌が多いヨーグルトを摂取すると健康な腸となり、卵類や肉などに多い「異種タンパク質」も侵入しにくくなります。すると腸、さらには鼻の粘膜で花粉症の原因となる活性し過ぎたTh2〈身体のあらゆる粘膜で異物の侵入を防ぐ免疫細胞の一つ〉が抑えられるのです。)
キウイヨーグルトと同様に乳酸菌の働きで、免疫力をアップさせ花粉症に有効)
β-グルカン(過剰反応を起こした免疫細胞を静めることで、花粉症アレルギーを緩和してしくれる。)
 

□ 2003/01/15(Wed) 14:52 『この病気にはコレ!成人病に有効な成分』 その@
 
成人病に良い成分

EPA〈エイコサペンタエン酸〉(血液中の脂肪、特に中性脂肪やコレステロールを減らして、血液をサラサラにする。ガン高血圧動脈硬化予防に有効。1日1gは必要とされる栄養素、青魚に多く含まれる。)
ビタミンC(理想的なコレステロール低下剤。ビタミンCは血管を掃除する善玉コレステロールを作る肝臓の作用を助ける働きがある。血液をサラサラにするので動脈硬化等の成人病に効果がある。)
プロポリス(強力な抗酸化物質で身体の免疫力を上げて抵抗力を強くします。全ての成人病に有効です。)
ニンニク(抗ガン食品No.1と米国国立ガン研究所によって言われている優良食品。主な有効成分としてアリシン(アリイン)が含まれている。疲労回復や、血液をサラサラにしたり免疫力を向上させるのでガンの他にもさまざまな成人病にも効果が期待できる。)
β-グルカン(免疫力を高めたり、がん細胞の成長を抑える働きがある。キノコに多く含まれる。)
マイタケ(免疫力を高める働きがあり、ガンに対する自然治癒力を高めます。)
 

□ 2003/01/09(Thu) 13:35 『この季節の荒れた胃腸を回復する』
 
この年末年始にかけての食べすぎで胃腸は荒れがち。
今回は荒れたを回復させる方法と胃腸に良い成分をとりあげました。

を回復させる方法
1、規則正しい生活
2、睡眠を充分取る
3、ほうじ茶を飲む
4、たばこ、コーヒー等の刺激物を避ける

胃腸に良い成分
アミラーゼ(優れた消化促進作用がある)
リパーゼ(脂肪を分解する作用を助ける酵素。納豆、とうもろこし、落花生等に含まれる)
クエン酸の粘膜を修復し、防御作用を高める。梅干、柑橘類に多く含まれる。)
 

□ 2003/01/05(Sun) 18:17 『食生活から薄毛を改善する』
 
薄毛に良い成分

アロエ(アロインという含有成分が抜け毛を促進する悪玉酵素の働きを抑える。)
アミノ酸の主な成分タンパク質を作る。を強く太くする。)
の栄養としてミネラルも必要)
の栄養としてミネラルも必要)
亜鉛の栄養としてミネラルも必要)

頭皮のマッサージ等を行い血行を良くすると髪の密度が高くなります。また頭皮はいつも清潔にして、皮脂がつまらないようにしましょう。
 

□ 2002/12/25(Wed) 13:10 『太る体質から脱出しダイエットを成功させよう』
 
赤血球が硬くなると血流が悪くなったり、血管が詰まるだけでなく、代謝が悪くなり太りやすい体質になることをご存知でしょうか?
太りやすい体質と太りにくい体質を分けるのは赤血球の柔らかさの違いなのです。

赤血球を柔らかくする成分

・シムノール(サメの肝臓に多く含まれており、赤血球の膜を保護して柔らかくする。)
クエン酸赤血球についているゴミを掃除し、柔らかさを取り戻す。)
酢酸赤血球についているゴミを掃除し、柔らかさを取り戻す。)
 

□ 2002/12/20(Fri) 13:49 『免疫力を上げウイルスと戦う』
 
ウイルス

この時期はウイルスが猛威を振るう季節です。ウイルスの種類にはインフルエンザやライノウイルス等さまざまありますが、どのウイルスにも有効な予防策は免疫力を上げること。ウイルスと戦ってくれるマクロファージやその他の免疫細胞を元気にしてこの時期を乗りきろう。


免疫力を上げる成分〉
カテキン(殺菌効果でウイルスを撃退。お茶を飲むと喉や口にあるウイルスを胃に流し込み、胃酸で死滅させることができる。)
プロポリス免疫力を向上させ、ウイルスと戦う免疫細胞を元気にする。)
アミノ酸免疫細胞のエネルギーとなるので免疫力をアップさせ、ウイルスを撃退する力をつけることができる。アミノ酸の中でも免疫細胞を強化するものは、グルタミンアルギニンウイルスに対する抵抗力をつけるためにアミノ酸サプリを使用する場合はグルタミンアルギニンが含まれているか調べてみよう。)
ビタミンC免疫力を高める。風邪の時は大量のビタミンCが奪われている為、多く摂る必要がある。)
ビタミンA(免疫細胞が細胞内で戦いやすくなる環境を作り出してくれる。)
ビタミンE(免疫細胞が細胞内で戦いやすくなる環境を作り出してくれる。)
 

□ 2002/12/18(Wed) 13:33 やる気がなくなるこの時期をこの成分で乗り切ろう』
 
やる気を起こす成分

チロシン(脳内のやる気ホルモンの分泌を助ける。タケノコに多く含まれる。)
フェニールアラニン(脳内やる気ホルモンの原料で必須アミノ酸。体内でドーパミンに変わる物質。)
DHA(脳内のやる気ホルモンの分泌を高める効果がある。DHAは魚だけではなく、野菜にもリノレン酸として含まれている。)
セロトニンやる気を起こすのに必要な様々な脳内ホルモンの働きを助ける。)
ブドウ糖(脳のエネルギー源、主にタンパク質に含まれる。)
レシチン(情報伝達物質アセチルコリンの原料でボケ防止に効果があると言われている。)
 

□ 2002/12/16(Mon) 21:08 『年末に必見!二日酔いを改善する成分』
 
二日酔い

二日酔い、悪酔いの原因はアセトアルデヒドという体内に入ったアルコールの分解過程で生まれる猛毒が原因。

アロエ肝臓の代謝を高め、悪酔いの原因アセトアルデヒドを分解する。)
タウリンタンパク質の一種、アセトアルデヒドの毒性を打ち消す働きがあります。)
システイン(アセトアルデヒドと結びついて毒性を打ち消し、肝臓の負担を減らす。肉、豆、牛乳等のタンパク質の多い食品に多く含まれています。)
クエン酸(体内に蓄積しているケトン体という有害物質を代謝し、二日酔いを緩和する。梅干に多く含まれる。)
カフェイン(アルコールの分解を助ける効果があります。飲酒後にコーヒーやお茶を飲むと効果的です。)

アルコールを早くぬけさせるには、運動やお風呂に入るよりも寝ることが一番。寝た方が肝臓のアルコール代謝作用が良くなります。
また、翌朝の疲労感を取り除くにはかきりんご等の果実の糖分を摂ると効果的。
 

□ 2002/12/13(Fri) 13:58 冷え性No2 冷えの原因は女性ホルモン』
 
冷え性

前回は血行不良による冷え性を取り上げましたが、「女性ホルモン」の不足によっても冷え性が起こります。冷え性の改善には女性ホルモンエストロゲンを増やし血管を拡張し血液循環を良くすることが重要です。

冷え性に良い成分2〉
イソフラボン
エストロゲンと同じ効果があり、冷え性改善効果が期待できます。大豆商品に多く含まれていますが、黒豆で摂るとイソフラボンの寿命を伸ばすポリフェノールを一緒に摂り入れる事ができるのでオススメ。
冷え性改善のためには、1日に50mgのイソフラボンを摂りましょう。
 

□ 2002/12/12(Thu) 14:24 『血行を良くし冷え性を改善しよう』
 
冷え性

冷え性の原因は血行不良。この血行不良冷え性だけでなく肩こり腰痛肌荒れ免疫力低下を招きます。

冷え性を改善する成分〉
ニンニク(血液をさらさらにし、血行が良くなることで冷え性を改善する)
鉄分鉄分を補給すると血液中の酸素濃度をあげ、細胞の動きを活性化して全身の冷えを改善)
ビタミンE(血管を拡張し、血流を良くする)
ビタミンC(毛細血管を強化する。抗ストレスホルモンの材料となるので自律神経の乱れによる血管収縮を改善し血流を良くする)
 

□ 2002/12/10(Tue) 14:29 『10歳若返えらせる成分』 シアニジン
 
若返り

目元のたるみが老けて見える一番の原因であることをご存知ですか。
この目元をきれいにするだけで、なんと!10歳も若返った印象を与えることができるのです。

【若返りの成分シアニジン
この目元のたるみを改善し顔の印象を若返らせる成分がアントシアニンの中でもシアニジンという成分。ブルーベリーにもシアニジンが含まれていますが、ハスカップという食べ物に最も多く含まれています。
また、シアニジン抗酸化物質でもあり、ビタミンEの抗酸化力をも上回るほどです。
眼が老けている人にこのシアニジンを多量に含むハスカップと眼の運動等を行った結果わずか一週間程で劇的な若返りをしたというデーターもあります。
 

□ 2002/12/09(Mon) 13:30 『お肌に良いコラーゲンの意外な効能』
 
コラーゲン

コラーゲンは肌や髪を作る材料というだけではありません。体全体の健康に役立つ成分でガンの予防にも効果があるとも言われています。

【コラーゲンを作ったり、良くする成分】
動物性タンパク質をしっかり摂る(コラーゲン合成を助ける)
ゼラチンコラーゲン合成を助ける)
コンドロイチン(鮭に多く含まれる。老化コラーゲンを防ぎ、肥満を予防する)
・ゴマ油にローズマリーを加えてマッサージする(コラーゲンを柔らかく保ち、体のこわばり・関節の痛みを和らげる)
 

□ 2002/12/06(Fri) 16:14 美肌になりたい方に・お肌に良い成分』
 
お肌に良い成分

≪ビタミンC≫
のキメを整える
美白効果
・毛穴が締まる
脂性を改善する
ニキビを治す

◆肌のシミを改善する成分
システイン≫・・・メラニンの生成を抑え、シミの原因となる活性酸素を除去する
βカロチン≫・・・メラニンの生成を制御する働きがある
亜鉛≫・・・新陳代謝を高める

◆脂性の肌を改善する成分
ビタミンB2≫・・・脂性の原因になる脂肪の代謝を助ける
ビタミンB6≫・・・肝臓の機能を助けて脂肪を適切に分解する
ビタミンE≫・・・ホルモンバランスをベストに保つ
 

□ 2002/12/05(Thu) 15:29 『疲労回復、血液サラサラ、ニンニクのすごい効果』
 
ニンニク

ニンニクは抗ガン食品No.1と米国国立ガン研究所によって結論づけられた食品。そのニンニクの有効成分はガンマグルタミルSアリルシステインとアリインニンニクの効果を挙げたら老化防止、美容効果等きりがないほどあります。

【ニンニクの主な効果】
・[疲労、ストレスを回復]・・・ニンニクを食べると疲労回復のペースが早くなる。
・[血液をサラサラにする]・・・血液中の血小板の凝集を抑制して、ドロドロ血をサラサラ血液に。サラサラ血になることで冷え性や動脈硬化を抑制する。
・[生活習慣病の予防]・・・悪玉コレステロールの酸化を防ぎ生活習慣病を予防する。O157等の病原菌の増殖を抑制し感染症を予防する
・[がん予防]・・・免疫力を強化し、外敵やガンから体を守る免疫細胞の働きを高める。

〈摂取時の注意〉
・食べ過ぎに注意
ニンニクで1日4〜5g以上食べると効果が期待できます。ニンニク半片〜1片食べれば十分。食べ過ぎると胃が荒れたり、眠れなくなったり貧血になるようなこともあるので注意。空腹時に食べるのも避けた方が良いでしょう。
 

□ 2002/12/04(Wed) 19:51 更年期障害を防ぐ成分』
 
更年期障害

更年期障害の一番の原因は女性ホルモン量の低下です。その他にストレスや性格も原因となります。
最近は20代〜30代の若い人が若年性更年期障害になるケースも増えているのです。

更年期障害の予防に良い成分】
イソフラボン(女性ホルモン、エストロゲンを適切な量に保たせホルモンのバランスを良くしてくれる。1日80〜100mg程度摂ると効果が期待できる)
ブラックコホシュ更年期障害のほてりや頭痛、不安感などを改善する。1、2ヶ月以上のみ続けると効いてくる)
ピクノジェノール(強い抗酸化作用を持ち、骨盤内の血行を良くして卵巣の機能を高める)

また、血行を良くしストレスを解消させる為にも適度の運動も必要です。
 

□ 2002/12/04(Wed) 14:02 『酸欠を引き起こす鉄分不足』
 
○鉄分

最近疲れやすいなんてことはありませんか。
それは体の酸欠状態が原因による貧血である可能性があります。酸欠になると運動能力だけでなく脳の機能までも低下してしまうのです。この酸欠は全身に酸素を運ぶ役割を担っている赤血球の材料、鉄分の不足によるものと言われています。
その鉄分の流出はほとんどケガと女性にある生理によるもの。なんと女性は一度の生理で20mgもの鉄分を排出しているのです。普段体内にある鉄分は3mgですから女性は特に食事やサプリメントによる鉄分摂取が不足すると酸素が細胞に届けられなくなり細胞が死滅してしまうのです。

〈摂取のポイント〉
鉄分は体内で生成することができないので食事やサプリメントから摂取するしかありません。しかも鉄分の吸収率は悪く摂取した5%から40%。
鉄分だけでなくビタミンC有機酸も多く含むプルーンで摂取すると吸収率が2.3倍にアップするのでオススメ。
 

□ 2002/12/03(Tue) 15:50 『クエン酸で血液サラサラ健康ダイエットをしよう』
 
クエン酸で健康ダイエット

クエン酸ダイエットは肥満とだるさを同時に解消できるダイエット法。
実は太っている人ほど疲労物質「乳酸」を多く体に溜め込んでいるのです。その為だるくて動きたくなくなり、ますます脂肪が増え、ますます疲れていくという悪循環に陥っていきます。
クエン酸の2大効果、「血液サラサラ」と「乳酸を燃やす」で日常のだるさとドロドロ血を解消し運動しやすい体を作ることができます。

〈実践法〉
クエン酸はレモン果汁で摂っても市販のドリンクやパウダーを水に溶かしたものを使っても良い。
クエン酸は一日2グラム(レモン半分)以上を摂りましょう
・最初にクエン酸をひと口飲み、ダンベル等の軽い運動を15分ほどやりまた、クエン酸を飲む。
・朝と夜の食後に行い、夕食後は30分以上経過してやることが望ましい。
 

□ 2002/12/03(Tue) 13:32 『脂肪吸着系サプリメントは脂溶性ビタミンの不足に注意』
 
吸収阻害型サプリメントは脂肪分と一緒に吸収される脂溶性ビタミンの吸収を阻害し、ビタミンAやビタミンEの不足を招いてしまう可能性が高い。連続して使用するのは長くても1週間をメドにした方が良いでしょう。
 

Page: [0] [1] [2] [3] [4] 92件中20件を表示しています

Copyright (c) 2001 FUKU-YA.com. All Rights Reserved