サプリメント輸入代行FUKU-YAドットコムのキャラクターふくちゃんです サプリメント 個人輸入代行 FUKU-YAドットコム サプリメント 個人輸入代行 FUKU-YAドットコム いくら注文しても送料は300円のみ! FUKU-YAのお支払いは、3通りあります。説明をご覧下さい  商品2500点以上!
HOMEへ BACK 特 価 新 着 ランキング オススメ プレゼント 買い物かご ご利用方法
 FUKU-YAドットコム は世界の人気商品が簡単にショッピングできるサイトです  

  今話題の成分&商品!

□ 2002/12/03(Tue) 12:42 血管を若返らせて成人病を予防しよう』
 
血管を若返らせる

血管の老化は塩分、糖分、動物性脂肪の取り過ぎや活性酸素が増える食生活、ストレスが原因。血管の老化は成人病になる原因ともなるので普段の食生活には気をつけましょう。

血管を若返らせる成分

〈抗酸化作用がある物質〉
ビタミンC
ポリフェノール
カテキン
βカロチン
ビタミンE
リコピン
ビタミンCビタミンEは同時に摂ると脂質の酸化を防ぐので良い

ルチン(血管を柔らかくする)
ペプチド(血圧を安定させる。高血圧の方の血圧を下げる)
タンパク質(血液を丈夫にする)
アミノ酸(血液を丈夫にする)
COQ10[補給素](血液を丈夫にする)
葉酸動脈硬化の原因ホモシステインを低下)
イチョウ葉エキス(血流を改善)
キトサン等血糖値コレステロールを低下)
 

□ 2002/11/29(Fri) 16:06 冬風邪を乗りきる有効成分』
 
風邪

冬風邪は主にインフルエンザウィルスが原因。湿度の低い冬場に空気感染で流行します。
室内の湿度は60〜80%に保ちましょう。

風邪予防に有効成分】
ビタミンC
免疫力を高め抵抗力を回復させる働きがある。風邪のときはキラーT細胞などの免疫細胞が活発に働いている為、大量のビタミンCが失われるので多く摂る必要がある。ビタミンC風邪の回復を早め、二次感染にかかりにくくする。
〈摂取のポイント〉
通常の必要量:1日・・・50mg
風邪の場合:1日・・・250mg〜500mg
ビタミンCは一度に1日分をとるよりも、1日3回に分けて摂るほうが効果的です。

・お茶でうがいをする(お茶の渋みの成分カテキンは殺菌作用があり、全てのインフルエンザウィルスに効果がある。)

ビタミンAビタミンE(ウイルスとの戦いで傷ついた細胞を修復するのに効果有り、二次感染を防ぐ)

プロポリス
免疫力を向上させることで風邪に対する抵抗力と回復力をつけます。
<ちなみに私も愛用してますよ(^^)>
 

□ 2002/11/26(Tue) 16:21 『今注目の老化を防ぐ酵素の力』
 
○若返りの酵素

・体全体の老化を防ぐ
1 肝機能を上げて抗酸化力を強くする(肝機能の衰えが、体内の活性酸素を増やし老化を進行させる)
2 胃の健康を心がける(胃がタンパク質から酵素を作る材料アミノ酸を作ってくれるため)

・肌の若返り
ビタミンAビタミンDが肌の新陳代謝を上げる酵素、セリンプロテアーゼの働きを助ける補酵素として働きます。
 

□ 2002/11/22(Fri) 14:42 ダイエットの大敵!中性脂肪を減らす成分&生活』
 
・朝食は起床後30分前後にしっかり摂る事で中性脂肪を減らせる(朝は中性脂肪を燃焼するホルモンが出ている為)
ビタミンB2ビタミンB6中性脂肪を分解するので積極的に摂取しよう
食物繊維は余分なものを排出してくれるのでビタミンB2ビタミンB6と共に摂取した方が良い
・歩いたり運動する前に多めに水分を取っておくと効果がある
 

□ 2002/11/21(Thu) 14:56 『女性のみかた イソフラボン
 
イソフラボン

イソフラボン大豆ポリフェノールの一種。大豆製品、特に大豆の胚芽に多く含まれる。イソフラボンは構造が女性ホルモンに似ており、同様の作用があるということで今注目されている。
女性特有の悩みに効果があり、女性ホルモンの乱れから生じる症状に効果が期待できる。
・肌荒れの改善
・冷え性の改善
・更年期障害による肩こりの改善
・コレステロール低下作用によるダイエット効果

〈摂取のポイント〉
イソフラボンを50mg摂れば、女性ホルモンの欠乏状態を補うことができる。
サプリメントの他大豆製品からも摂取できる。
 

□ 2002/11/20(Wed) 15:07 『手軽にいろんな栄養素を取り入れられるサプリメント』 マルチビタミン
 
マルチビタミン

サプリメントの中で今最も人気があるのがマルチビタミンタイプのもの。マルチビタミンのサプリメントはただ色んな栄養素が一度に取れるだけではなく、以下のような複数の栄養素の組み合わせによって得られる効果まで得られるメリットがあります。

ビタミンCタンパク質
コラーゲンを増加させ、きめ細かく弾力のある肌を作る)
ビタミンC
鉄分の吸収が約6倍にも上がる)
ビタミンCビタミンE
(ドロドロ血解消の効果がアップ、さまざまな病気に関連する活性酸素を減らす抗酸化力がアップする)
亜鉛クエン酸 or ビタミンC
亜鉛を吸収しやすい形にする)
カルシウムマグネシウム
カルシウムを身体に貯める為にはマグネシウムが不可欠)
 

□ 2002/11/19(Tue) 15:05 『目やお肌に良く、抗酸化作用のあるβカロチン
 
ベーターカロチン(βカロチン)

ベーターカロチン(βカロチン)は二ンジンやホウレンソウ、カボチャ等の緑黄色野菜に多く含まれ、体内に吸収されるとビタミンAに変化する栄養素。
その効果は
・胃潰瘍を抑える
・活性酸素を抑える抗酸化作用
・目や皮膚に良くする
と言われている。
βカロチンガン予防食品として期待され人気も高いが、効果を疑問視する声もあり研究段階だといえる。

〈摂取のポイント〉
油分と摂取することで吸収が良くなる。
βカロチンは大量に摂っても排出されるので過剰症の心配はないと言われています。
 

□ 2002/11/18(Mon) 15:12 『貧血を防ぎ抵抗力をあげる
 


は赤血球のヘモグロビンの構成成分で、酸素の運搬やエネルギーの再生を助ける。が不足すると体が酸欠状態になり貧血を引き起こしやすくなる。また、病気に対する抵抗力がおち、体温維持の機能に障害が起こる。

〈摂取のポイント〉
1日のの摂取必要量は女性12mg、男性10mgとされている。女性は生理によって20mg〜25mgの鉄分が毎月失われている為、男性より多く鉄分を摂取する必要がある。鉄分ビタミンCと一緒に取ると吸収率がアップする。
 

□ 2002/11/18(Mon) 13:21 『私達の生命維持に欠かせない成分』 亜鉛
 
亜鉛

現代の人に一番欠乏していると言われる栄養素、亜鉛
亜鉛は酵素(栄養素から体をつくる)を体の中で有効に働かせる為に必要不可欠で、タンパク質も合成しています。亜鉛は生命維持に欠かせない重要な働きをしているのです。

亜鉛が欠乏すると・・・
・老化の進行
・味覚障害
・発育障害や免疫不全、運動失調
・記憶力の低下

〈摂取のポイント〉
亜鉛は人間の体内で生成する事が出来ないため、食品から摂取するしかない。一日に必要な量は12mg。亜鉛は吸収率が悪いミネラルなので、亜鉛の吸収を助ける成分であるクエン酸ビタミンCと共に摂取すると効果的である。カルシウム食物繊維等は亜鉛を排出させてしまうので取りすぎに注意。また、お酒を飲む時は普段以上に亜鉛が必要。
 

□ 2002/11/15(Fri) 15:52 『免疫力を上げるアガリクス
 
アガリクス

免疫力を上げガンの抑制作用があるということで有名なアガリクス
その有効成分は免疫力を上げるβ-Dグルカン。研究で他のキノコ類と比べても含有率も高く、高い効果があることが証明されている。
アガリクスとはブラジルの東南部、サンパウロ郊外のピエダーテ山地の限られた条件の中でしか自生しない貴重なキノコ。インカ帝国時代から長寿のキノコとして知られていた。

〈摂取のポイント〉
お茶にして飲むと良い。
 

□ 2002/11/15(Fri) 14:12 『若返りのビタミン』 ビタミンE
 
ビタミンE

老化を遅らせる若返りのビタミンと言われている。病的老化を防ぎ、悪玉コレステロールを減少させ、血流をよくする効果がある。

〈摂取のポイント〉
厚生省はビタミンEの1日の最低必要量を男性10mg、女性8mgとしているが、老化防止等の効果を期待するなら男性15mg、女性13mgは最低必要とされる。
ビタミンEの効果をより発揮させるにはビタミンC乳製品をうまく組み合わせて摂取する事。ビタミンEは水で飲むよりも牛乳で飲んだ方が吸収率が上がるというデーターがある。
 

□ 2002/11/15(Fri) 13:12 『体全体を作り、守る絶対不可欠な成分カルシウム
 
カルシウム

骨粗しょう症を防ぎ骨を丈夫にすることで有名だが、カルシウムは全ての細胞のスイッチを入れる働きをする為、体全てに重要な栄養素。不足すると脳が一番影響を受ける。(物忘れがひどくなる等)

〈摂取のポイント〉
マグネシウムと共に摂取することが大事。カルシウムだけ摂取してもそれを体の中に留めることができず体外へ流出してしまう。
1日にカルシウム600mg、マグネシウム300mg摂取するのが理想的だと言われている。
 

□ 2002/11/15(Fri) 12:27 『お肌に良いだけでないビタミンCのすごい効果』
 
ビタミンC

肌に良いことで有名。筋肉や骨格を作る上でも重要で、体内の活性酸素を減らし脳梗塞、心筋梗塞、動脈硬化など生活習慣病を予防するとも言われている。免疫力を高める効果がある。

〈摂取のポイント〉
1回200mg程度を、1日3回に分けて取ると効果的に体内で利用される。ビタミンCは一度にたくさん取っても流れてしまうので分けて継続的に摂取すること。
 

□ 2002/11/14(Thu) 15:54 『最近の人気サプリメント成分ランキング』
 
最近の日本での人気サプリメント成分は以下とのことです。

1位  マルチビタミン
2位  ビタミンC
3位  ビタミンE
4位  アミノ酸
5位  カルシウム
6位  DHA(ドコサヘキサエン酸)
7位  アガリクス
8位  ベーターカロチン
9位  
10位 亜鉛(ジンク)


今後は上記の成分の情報をアップしていきたいと思います。
 

□ 2002/11/13(Wed) 20:45 『健康的なダイエットを支援する食品』 酵母
 
酵母

ビール酵母はダイエットをする時に起こりがちな栄養不足を補い、健康的なダイエットをサポートします。そのダイエット効果の理由は「満腹感」と「便秘解消」という2つのキーワードによるものです。

・満腹感(ビール酵母は体内に入ると水分を吸うことによって膨張して、満腹感を早く感じさせるので我慢しなくても食事の量が減ります)
・便秘解消(酵母に含まれるグルカン、マンナンなどの働きによって、腸壁を刺激し、ぜん動運動を活発にする。腸内細菌のエサとなり腸内環境を整える。)

また、酵母はダイエット時に不足しがちな栄養素を自ら体内で作り出すことができるのです。その原料となるのがブドウ糖酵母に吸収されたブドウ糖酵母の働きでビタミンB群に変化します。また、酵母ブドウ糖アミノ酸にも変化させることができるのです。さらに酵母には肝機能をあげる効果があるとも言われているのです。
 

□ 2002/11/13(Wed) 14:36 『整腸作用だけじゃない!今注目の乳酸菌の効果』
 
乳酸菌


乳酸菌の効果として有名なのは整腸作用(腸内を弱酸性にして、悪玉菌と闘う。腸のぜん動運動を促進し、便秘や下痢を防ぐ)ですが、乳酸菌の効果はそれだけではありません。

・コレステロールの減少
乳酸菌にはコレステロール低下の効果があります。腸内でコレステロールを吸着し吸収される前に体外へ排出してしまう為です。(ヨーグルトを毎日摂取すると、1週間で血中コレステロール値が10%も下がったというデーターもあります。)

今注目は「プロバイオティクス」乳酸菌
プロバイオティクスとは生きたまま腸内まで行き健康に良い作用ができる細菌のことです。プロバイオティクス乳酸菌はコレステロールを吸着するだけではなく、さらに肝臓でコレステロールを原料にできる胆汁酸を分解するのです。

・胃炎、胃潰瘍
乳酸菌の中でも胃酸に特別強いものは胃でピロリ菌を撃退し、胃の粘膜を守る作用により胃潰瘍や慢性的な胃炎に良いとされています。さらにWHO(世界保険機関)でピロリ菌は確実な発ガン因子と断定してことから胃がんの予防効果も期待できるとも言われています。

・アトピー性皮膚炎の予防(乳酸菌は免疫細胞に働きかけ免疫力を上げる、その為アトピーにも効果があるとされる)

・歯周病・口臭予防(さまざまな菌を殺すことで乳酸菌は歯周病の増殖を抑える事が確認されている)
 

□ 2002/11/12(Tue) 14:30 『身体の脂肪を燃えやすくしダイエットに効果がある成分』 DHA
 
DHA

DHAには燃焼リパーゼ(脂肪を分解し、血中に放出する働きがある)を活性化し、身体の脂肪を燃えやすくする働きがあります。脂肪を効果的に燃やすには運動をすることが一番ですが、DHAでもダイエット効果が十分期待出来ると言われています。

〈その他のDHAによる効果〉
・うつ病の予防や頭の働きを良くする。(脳が柔らかくなるのと情報伝達がスムーズになる効果がある為と言われている)
・明るさや色彩を判断する網膜の働きを良くする。
・全身の血流が良くなる
・生理痛を改善する

その他にもアレルギー、糖尿病、ガン、動脈硬化、脂肪肝、不整脈等にも良いことが最新のDHAの研究で分かってきました。
 

□ 2002/11/11(Mon) 14:59 『運動しなくても代謝を上げるダイエットに効果的な成分』 アミノ酸
 
アミノ酸

アミノ酸カプサイシン同様代謝を上げ体脂肪を燃やす効果がありますが、カプサイシンと大きくことなるところは「運動をしなくても体脂肪を燃やすことができる」ということです。
一日に消費される脂肪の大部分は、睡眠中や安静時に消費されると言われています。アミノ酸はこの安静時における脂肪の代謝を促進するのです。

〈ダイエット効果を上げるポイント〉
アミノ酸は空腹時に飲むと吸収が良くなる。
アミノ酸を使用してダイエットをする時には「ビタミンB群」も同時に摂取する必要があります。ビタミンB群を配合したアミノ酸サプリメントを飲むだけで安静時代謝が12パーセント上昇したというデーターもあるくらいです。ビタミンBは食後にとることをお勧めします。
アミノ酸サプリメントを飲んだ30分後に30秒だけ筋トレをすることで効果をさらにあげることができます。
 

□ 2002/11/11(Mon) 14:21 『代謝を促進させダイエットに効果がある成分』 カプサイシン
 
カプサイシン

カプサイシン唐辛子の辛味成分のこと。体脂肪の分解を促し、脂肪が燃えやすい状態にする効果がある為ダイエットの効果が期待できる。
普通体脂肪が燃え初めるのは有酸素運動を初めて20分以上経ってからだが、カプサイシンを摂ることによって運動を初めたその時から効果的に体脂肪を燃やすことが可能。

〈ダイエット効果を上げるポイント〉
夕食前のような空腹時にサプリメント等でカプサイシンを取り、15分〜20分後、体が温まった感覚がしてきて代謝が上がるのを待って有酸素運動をするとダイエットの効果が高まります。運動は理想的には20分以上、それより短くても効果は期待できます。
 

□ 2002/11/11(Mon) 13:25 に関する疾患を予防する成分』
 
脳梗塞、脳出血を防ぐためには血栓を作らないようにすることが大事。
血栓予防に効果的な成分:
○ナットウキナーゼ(納豆に含まれ、血栓を溶かす働きが期待出来る栄養素)
EPA〈正式名エイコサペンタエン酸、人間に必ず必要な必須脂肪酸の一つ〉・DHA(血栓を作りにくくする働きが期待でき、特に「青魚」に含まれているものが良い。)
○ムメフラール(血液をサラサラにする。梅肉エキスに含まれている。)
クエン酸(血流がよくなり、免疫力向上の効果がある。みかんやいちご、レモン等の柑橘系の食品や酢を使用した食品に多く含まれる。)
○MATS(ニンニクに含まれている成分。血小板を固まりにくくして血栓を予防する。)
○アントシニアン(血栓防止の働きがある青い色素、ブルーベリー、サツマイモに多く含まれている。)
○イソチオシアネート(血栓防止や、体内にできるガン物質を解毒化して体外に出す働きがある。ダイコン、ブロッコリーに多く含まれる。)
○ヒスチジン(血流をスムーズにします。中国黒酢に多く含まれる。)
 

Page: [0] [1] [2] [3] [4] 92件中20件を表示しています

Copyright (c) 2001 FUKU-YA.com. All Rights Reserved