サプリメント輸入代行FUKU-YAドットコムのキャラクターふくちゃんです サプリメント 個人輸入代行 FUKU-YAドットコム サプリメント 個人輸入代行 FUKU-YAドットコム いくら注文しても送料は300円のみ! FUKU-YAのお支払いは、3通りあります。説明をご覧下さい  商品2500点以上!
HOMEへ BACK 特 価 新 着 ランキング オススメ プレゼント 買い物かご ご利用方法
 FUKU-YAドットコム は世界の人気商品が簡単にショッピングできるサイトです  
スペースで区切って複数キーワードで検索できます。 [サイトマップ]
●更年期障害について

目次
更年期とは?
更年期障害の症状
更年期障害の一般的な治療について
その他気をつけること
食生活

更年期とは?

・更年期とは、西洋医学では卵巣機能が衰え、女性ホルモンの分泌量が減少する閉経前後の時期を言います。
40歳代後半〜50歳代中頃までの10年間に迎える人が多いようです。更年期になると、多くの人が心身の不調を訴えるようになります。
これが更年期障害です。肩こり、頭痛、めまい、焦燥感、抑うつ感、のぼせ、手足の冷え、発汗、動悸、不眠、食欲不振などの症状があらわれます。

・女性なら誰もが経験する自然な変化ですが、こうした更年期障害を体験せずに過ごす人もいます。また、症状が現われた場合でも、症状が軽い人もいれば、重い人もいます。最近では、精神的、心理的な訴えが増える傾向にあります。特に、いきいきしない、やる気が起きない、悲観的になるなどの訴えが多いようです。このように症状が軽い場合を更年期失調といい、異常と確認されるようになると更年期障害が疑われます。

更年期障害の症状

 

1) 月経異常:はじめ月経周期が短縮、その後月経周期が延長し月経回数が減少、最終的に閉経となる。この間に不正出血が出現することもある。
2) 血管反応性の変化: ほてり、のぼせ(hot flush):更年期障害の代表的な症状。エストロゲン欠乏により脳の自律神経調節中枢の機能が変化するために生ずると考えられている。突然おこる熱感で身体から顔や手足へと広がり、発汗、動悸を伴うことが多い。通常5年程度で消失することが多い。
3) 精神症状:エストロゲン低下による中枢神経系の機能変化、閉経による女性性の喪失感、子供の成長による母性性の喪失感、パートナーとの一体感の喪失などにより、不眠、うつ症状などが出現する。
4) 泌尿生殖器症状:エストロゲン低下による膀胱および周辺の筋力低下にため、頻尿(排尿回数の増加)、尿失禁などが出現します。粘膜の委縮や分泌物の減少をきたす閉経後膣炎(老人性膣炎)により、膣前庭の灼熱感、掻痒感、乾燥感および性行痛が出現します。また、性欲も減退します。
5) その他:エストロゲン低下により骨粗鬆症、高脂血症、動脈硬化などが出現します。

更年期障害の一般的な治療について


一番大切なことは、更年期障害の意味をよく理解して、自分で乗り切るという気構えを持つことです。その前向きの姿勢に加えて、精神的な安定が得られたら、もう半分以上治ったも同然です。しかし、つらいときは早めに診察を受けましょう。不愉快な症状が、なにか別の病気のために起こっているのではないかということを、まず最初にきちっと区別するところから治療は始まります。

更年期障害と決まれば、最初は、狂った自律神経を調整するための自律神経安定剤や軽い精神安定剤をのんで様子をみるのが普通です。しかし、直接の原因である足りなくなった卵巣ホルモンを補って、ホルモンのバランスを補正してやるのがてっとり早い方法ということは誰にでもわかります。最近婦人雑誌などでみかけるHRT療法(ホルモン補充療法という意味)が、それです。

いずれにしても薬による治療にはいろいろ問題があります。神経の働く薬の場合、こまかい仕事の妨げになりやすく、人によってはめまいや動悸が起こったりします。ホルモン療法には出血とか肥満などが気になりますが、産婦人科医は昔からかなり広く行ってきました。しかし副作用などの心配から、一時下火になっていました。ところが女性の高齢化が進み、老年期の生活の質 (Q.O.L.)の向上を追求する時代的要求から、欧米で再び見直されるようになりました。その結果、副作用の少ない優れた薬剤や投与法が次々に開発され、しかも老年期に多い膣炎、骨粗鬆症(こつそしょうしょう)、尿失禁(尿の漏れ)などの予防に威力を発揮することがわかりブームに火を付けました。

抗神経薬にしろホルモン剤にしろ、相当長期にわたって服用しなければならないので、信頼できる産婦人科医を選び、適切なアドバイス(カウンセリング)を受けながら、薬ののみ方など、その指示をよく守って気長に治療することが必要です。

その他気をつけること


更年期は、女性におって人生の関所でありいわば自然の出来事であります。
これ自体は病気ではなく身体のひとつの生理的現象に過ぎません。あまり気にする必要はありません。

ただこの時期は、身体の機能が変化する時ですから各種の成人病に注意し、産婦人科的には、子宮がん、こり(子宮筋腫)の最も生じ易い時期なので、定期的に健康診断を受けながら、ホルモンの適度のバランス補正をして、健康であることの裏付けのもとに、心配事のない明るい家庭生活を背景に持つことがまず大切です。そして前途した生活環境や心理的に生じる障害を含めて対応するため、適正な栄養・運動や、生活のストレスとリズムを考えて趣味でも仕事でも何か打ち込めるものを持つことが、この更年期を少しでも楽に明るく過ごせる秘訣でありましょう。


食生活


・更年期は、食生活を見直す良い機会です。栄養状態を適正に保つには、食生活の改善を始めてみましょう。

・まず、良質のたんぱく質を摂るようにしましょう。卵、肉、魚、豆腐などには、カルシウムも多く含まれています。また、動物性の脂質には、血中のコレステロールを増加させる成分が含まれているので、控える必要があります。肉類を摂る時は、脂身を取り除くなどすると良いでしょう。脂質は魚や植物性のものを摂ると、不飽和脂肪酸という、コレステロールを低下させる成分が含まれています。

・ビタミンやミネラルなどの微量栄養素は、体内でいろいろな生理作用に関係しているので十分に摂ることが大切です。特に、ビタミンA・B・C・Eで、卵黄や牛乳、レバー緑黄色野菜、果物などに多く含まれています。また、ミネラルでは、カルシウムや鉄が重要で、牛乳や小魚・レバー・海藻などに多く含まれています。


Copyright (c) 2001 FUKU-YA.com. All Rights Reserved