サプリメント輸入代行FUKU-YAドットコムのキャラクターふくちゃんです サプリメント 個人輸入代行 FUKU-YAドットコム サプリメント 個人輸入代行 FUKU-YAドットコム いくら注文しても送料は300円のみ! FUKU-YAのお支払いは、3通りあります。説明をご覧下さい  商品2500点以上!
HOMEへ BACK 特 価 新 着 ランキング オススメ プレゼント 買い物かご ご利用方法
 FUKU-YAドットコム は世界の人気商品が簡単にショッピングできるサイトです  
スペースで区切って複数キーワードで検索できます。 [サイトマップ]
●歯について

目次
「噛む」事によりチョー得をする
日本人の約7割が歯周病!
年齢と残っている歯の数
アメリカではFBI総動員で、細菌退治?
白い歯を手に入れるために・・・
健康な歯を維持させるためには

「噛む」事によりチョー得をする

 一度の食事で「噛む」回数は、弥生時代には4000回、戦前には1400回、現在600回と激減してきたそうです。しかし、最近その「噛む」事の、健康への効果が見直されてきました。虫歯予防にも「噛む」と効果があり、他にも肥満・ぼけ・視力低下・姿勢悪化解消などなど色々な良い事があるそうです。
虫歯の予防
   「噛む」事の一番の良さは、唾液が良く出るようになる事。1日に1500ccも分泌される唾液は、その流れで口の中を自浄する作用を持っています。また食物中の酸を中和する作用で虫歯、歯周病の予防をしてくれるそうです。更に、唾液から浸透してくるカルシウム、フッ素による歯の修復(再石灰化)が行われます。溶かされたエナメル質を治してくれるのです。ただしこれは虫歯のごく初期の段階で、虫歯を予防するという作用なので、痛くなるほどの虫歯は、この再石灰化では治りません。
ぼけ防止
   よく噛むと、脳血管が拡張し、脳に血液とともにブドウ糖・酸素などの栄養素が流れます。すると、網様体から目覚め信号が出ます。脳は覚醒し、ぼけ防止になるそうです。他にパロチンという物質が老化の防止になると言われています。よく噛む事で、内分泌に刺激がいき、パロチンの分泌が促進されて、老化防止のはたらきかけをするので、ぼけの防止になるそうです。
肥満予防
   よく噛み、味覚が刺激されるとノルアドレナリンという物質が分泌されます。この物質は全身の細胞の活動を活発化させます。そのため、熱のエネルギーが出て、肥満予防になります。またよく噛むと、食事の間に栄養分の消化吸収が開始され、血糖値が上昇し始めます。すると大脳から「もう食べたくない」という指令が出るので、少ない量で満腹感が得られます。
視力アップ
   人間の眼は、瞳の中でレンズの役割をしている水晶体の厚みを上手に変える事で、近く・遠くを見分ける事ができるのです。よく噛むと、この水晶体の厚みを調節する筋肉の老化を間接的に防止するため、視力の回復につながるそうです。
姿勢が正しくなる
   噛むために必要な筋肉はアゴだけではありません。首筋、胸、背中にある12種類の筋肉を使って下顎を動かしているのだそうです。よく噛むと、それらのすべての筋肉が運動し、上半身が自然と、まっすぐになっていくそうです。


日本人の約7割が歯周病!


 日本人が中高年になったあたりから歯を無くす原因は、実は虫歯よりも歯周病の方にあるそうです。歯周病とは、毎日かかさず歯をみがいているのに、50歳をすぎたあたりから、急に歯ぐきに異常が発生し、歯が抜け落ちてしまうコワイ病気なのです。自覚症状がほとんど無いため、つい油断しがちになり、短期間で総入れ歯という悲劇も起きます。「気づいた時には、後悔しかり」まさに口の中の生活習慣病なのです。

 虫歯は、自分で治す事はできませんが、歯周病の早い段階(歯肉炎)なら自分で治す事ができます。自分の口の中を、積極的に「自覚」してケアをすれば、ちゃんと良くなるのです。ある程度進んでいる場合や、しばらく歯医者さんに行っていない場合は、自分で勝手な判断をせず、歯医者さんで一度診てもらう事を、強くおススメします。特に「今、自分に虫歯はない」と思っている人は結構アブナイそうです。

年齢と残っている歯の数


 日本人は50歳くらいを境に歯を失い始める人が多い。その後、急激に減りだし、80歳ではわずか平均5本となっています。アメリカでは80歳でも15本程度の歯が残っています。最近、8020運動として提案されているように、イキイキした老後のためには、80歳でも20本のしっかりした歯を残していきたいですね。?

アメリカではFBI総動員で、細菌退治?

 「歯を守る」というと、何を思い出すだろう?アメリカでは、歯を守るために大切な物を「FBI」と呼んでいます。アナタもFBIを実行すれば、お口の平和が守られる??下の3つを、正しく行えば、虫歯・歯周病対策はバッチリでしょう。

(F)フロッシング
デンタルフロスによる歯と歯の間の掃除。

歯ブラシを普通に使っているだけでは、歯垢(プラーク)は約50%しかとる事ができないそうです。特に歯と歯の間は、ほぼ不可能。しかしそういう所にこそプラークは潜んでいます。そこでデンタルフロスを使うと、なんと!90%まで落とす事ができるようになるそうです。?
(B)ブラッシング
歯ブラシによる基本的な掃除。

虫歯でも歯周病でも、予防・自己治療は正しいブラッシングができなければ始まりません。多くの人が「正しく」ないために、みがいていても歯垢が残ってしまっているそうです。しかし深刻な歯周病の場合でも、きちんとしたブラッシング方法を覚え、2週間続けたら回復した例もあります。これを機会に正しいブラッシング方法を覚え、じっくりブラッシングしましょう。
(I)イリゲーション
ブクブクうがいによる歯垢細菌の洗い流し。

ブラシには及ばなくとも、うがいだけでもかなりの効果は期待できます。歯ブラシできない時の緊急手段として活用しましょう。ただし苔のようについた歯垢や、歯石をとる事はできないので、寝る前には必ずブラッシングしましょう。?


白い歯を手に入れるために・・・

 
 歯の表面には様々なものが付着します。エナメル質表面には唾液中のたんぱく質が執着した膜ができます。その上に歯垢や茶渋などの着色物が堆積。歯垢にカルシウムなどが沈着して歯石になります。これが歯を黄ばませてしまうのです。また、エナメル質の細い管を通って内部に入り込む食べ物の色素も原因の一つです。歯を白くするためには以下の二つの方法があります。

○ホワイトニング
 自分の歯の色まで白くするのがホワイトニングです。一般的な歯磨き剤は歯を綺麗にして汚れを取り除きますが、研磨剤や漂白剤入りのホワイトニング歯磨き剤には歯を白くする働きがあります。

○ブリーチング(漂白)

 ブリーチングは過酸化水素を含む漂白剤で時間をかけて自分の歯の色より白くします。エナメル質の細い管を通って内部に入り込む食べ物の色素による黄ばみ、このような汚れはブリーチング(漂白)しなければ落とせません。ブリーチングには歯科医で治療を受けるオフィスブリーチングと、自宅で毎日ケアをするホームブリーチングがあります。入社試験前に歯を短時間に白くしたい場合や家でホームブリーチングが面倒だという人には、歯科の外来でのオフィスブリーチングがおすすめです。しかし、急がない人には歯科医に行かなくても出来る経済的なホームブリーチングがおすすめです。

 その効果は個人によっても違いますが、オフィスブリーチングの場合1回の治療で1〜3ヶ月持続します。一方ホームブリーチングは半年〜1年持ちます。 また、喫煙、カフェインの入ったコーヒー、赤ワイン、濃い口紅、歯を汚す着色しやすいものの飲食を避ると長持ちします。

健康な歯を維持させるためには


健康な歯を維持する為のポイントを書き出してみました。

○禁煙
○正しい食生活
○丁寧な歯磨き
○歯磨き剤をつけすぎない(つけなくてもいいという歯医者もいます)
○定期検診(大変、重要)
○寝る前に、甘いものを食さない(食したら、もう一度、歯磨きを)
○運動(免役能力を高める)
○よく噛む

Copyright (c) 2001 FUKU-YA.com. All Rights Reserved